Skip to main content

いかなる会社のサイズにも合うEU代理人を指定しましょう。
それによってGDPR 27条を満たすことができます。


5つの簡単なステップを経て
この課題を仕上げて下さい。

貴社のGDPRコンプライアンスの状況を確認し、貴社の内部手続きに合わせて、弊社のサービスを形成します。弊社の法律専門家が貴社の質問に返答いたします。

弊社は、お客様のアカウントを作成し、Eメール、郵送アドレスおよびカスタマイズしたコンタクトを設定し、EU内の公的文書や顧客からの問い合わせに対応できるようにいたします。

GDPRが要求する透明性の条件のために貴社が必要とするプライベートポリシーの修正、EU−USプライバシーシールド申請、およびICO登録につきお手伝いします。

GDPR 第30条に基づくコンプライアンス文書の作成に関し弊社はテンプレートやドラフトを提供することでサポートいたします。公的な審査が入った場合、弊社は貴社と緊密に連携することで法的リスクを回避できるよう努力します。

SARsや法的手続き、その他の公的文書といった問い合わせに関しては弊社で審査し、貴社に送付いたします。GDPRコンプライアンス案件あるいは裁判案件が生じた場合には弊社のサポートが必ずつきます。

弊社一社による

集約されたインシデント報告

GDPR に基づいて報告義務のある、データ漏洩が生じた場合、EU代理人を指定した会社は、弊社一社によるサービス集約のメリットを享受します。72時間以内に43カ所の当局に報告をしなければならないことを考慮すると、違反報告義務を満たす事は非常にコストが高くつくものであることが理解できるかと思います。EU代理人を指定した会社は、インシデントがあった場合、その違反がすべてのEU諸国に関わるものであっても、1つだけの当局に報告をすればその義務を満たしたことになります。

EU脱退後の

イギリスをもカバー

イギリスはEUから脱退しましたが、2022年の年末までは移行措置によりEU法がイギリスでも適用されます。2021年以降は、イギリスでビジネスを営む会社は、別途にイギリスでのGDPR 代表をを指定する必要が出てくると推測されます。EUとイギリスとの間での交渉及び新しい法的な発展を弊社でフォローします。どのようなことがあっても、貴社の円滑なビジネスオペレーションの継続が確保できるよう、追加条件を弊社で満たす準備があります。

EU代理人としてのフルサービス
すべてのプランに含まれるサービス内容


  • GDPRによるEU代理人を立てる条件に完全遵守。
  • 貴社のプライバシーポリシーに適用させたEUコンタクト先の提供
  • 多くの場合法的効果があるデータ主体及び監督官庁からの問い合わせをお客様の代理として受け取ります。
  • 初期の法的リスク審査及び第三者からの問い合わせへの対応
  • コンプライアンスドキュメンテーション(GDPR第30条)を完成させるためのテンプレートやサポート
  • 法的手続きやGDPRコンプライアンスの案件で必要となった場合、プライバシーの専門家ネットワークへのアクセス

結果が見て取れます。

全てのサービスが集約された弊社サービスのメリットは欧州データ保護の安全性に関しインシデントがあったときに発揮。

アピール

貴社のGDPRコンプライアンスを公けにすることで取引先やお客様にもアピールしましょう。

正確性

弊社の法律専門家が法律改正による新しい要請をフォローし、貴社のビジネスのコンプライアンスを確実なものにします。

信頼

EU-REP.Globalは、長年、欧州のプライバシー案件を取り扱ってきた専門家によって設立された会社です。

透明性

後だしコストはありません。セットアップ料金その他、コンサルト料金は追加されません。料金体制が整ったサービスをパックでお届けします。

効率の良さ

コンプライアンスはコストがかかります。私たちはサービスを必要最低限に絞ることでコストを低く抑えます。

他のGDPR に関する相談が必要ですか。
弊社のパートナーをご紹介いたします。


オペレーション

GDPR導入
アドバイス及びプライバシー
コンプライアンスプログラム

法的

GDPR契約
ポリシー、コンプライアンス
記録ドキュメンテーション。

DPOデータ保護責任者

GDPRに基づく
外部データ
データ保護オフィサー