Skip to main content

GDPRが発行されてからたった2年が経過

世界的にプライバシー・コンプライアンスの新しい時代が始まりました。


275,557

クレーム数

158,606

データ漏洩報告の件数

欧州住民の67%は

GDPRに寄って与えられた権利についての知識を持っています。

GDPRは国境を超えてその効力を発するので、欧州においてビジネスをする会社には、この法律によりリーガル・リスクが生じます。遵守をしなかった場合、最高2000万ユーロ、あるいは前会計年度の全世界売上の4%のどちらか高い方が制裁金となります。セールスの観点から見ても、GDPR基準を満たすことは個人データの保護に重きを置く欧州マーケットでは大きなメリットです。
GDPRが適用される活動とは、個人データの取得が必要となるものです。現代において、データを利用しない活動はほとんどありません。それによって数多くのビジネス業務においてデータ保護の要請を満たす必要が出てきます。オンライン・サービス、顧客関係管理、広告、ソーシャル・メディア、人事関連、支払い取引、アプリ、サービスとしてのソフトウェアSaaS、ユーザー測量分析など、数多くの他の活動においてデータ保護要請に沿わなければなりません。

産業


コミュニティ

オンラインコミュニティは登録データおよびコミュニケーションデータを取扱います。

教育

公開授業や大学が提供する交換学生プログラムは学籍および成績データを取扱います。

エンタテーンメント

コンテントに注力するビジネスは、設定や好みなどといった顧客の行動データを利用します。

金融業

銀行や支払いサービスのプロバイダーはお客様の金融データを取扱います。

飲食業

レストランやシステムケータリング会社はお客様に特別な要望にお応えできるように、また、マーケティング目的でサイト登録を推薦します。

ユーザの所在地データ

携帯アプリを使ったGEOFENCINGやその他の所在地トラッキング機能は個人データの取得を必要とします。

医療

遠隔医療や健康に関連するオンラインサービスは顧客状況に関するセンシティブなデータを必要とします。

製造業

製造業者は多くの場合、欧州販売代理店のデータや欧州顧客のデータベースを顧客関係管理のために保存します。

NGO

NGO はPR 用のコンタクトや、資金集めの際に献金を得られそうなスポンサーのデータベースを保持しています。

オンラインマーケティング

オンライン・マーケティングを営む会社は顧客ターゲットのデータを自社あるいは依頼会社のために取得します。

不動産

欧州にある不動産を所有する場合、買い手、テナント、投資家のデータを必要とします。

宗教

宗教団体は、欧州における加盟者や支持者の信仰に関わるセンシティブなデータを取得します。

小売業

欧州のお客様に商品を提供するウェブショップは注文履歴、住所、および支払いに関するデータを保存します。

科学

試験所や臨床実験のスポンサーは治験者の健康に関するデータを取扱いします。

スポーツ

スポーツ関連のニュースや、試合などの結果をお知らせするウェブサイトは、選手や登録ユーザーのデータを取得します。

技術・テクノロジー

SaaS やクラウドのプロバイダー、また、ソフトウェアを提供する会社やテックカンパニーは、個人データを取得します。

観光業

オペレーターや予約サイトは取引データまた、多くの場合所在地データを取扱います。

交通機関

多くの公共交通機関は、チケット販売アプリなどの電子予約システムにおいてデータを取得します。